ハクビ総合学院 SDGsの取り組み

1 日本の伝統文化普及を通して
心の豊かさを育みます

ハクビでは国内外で年間1000を超える体験講座、きものショー、発表会、作品展などを実施しています。
国籍、年齢を問わず、和文化に触れる機会を広く提供することで、日本の歴史、文化へ関心、探求を深めるとともに、海外文化への関心・理解を深めるきっかけを提供しています。

  • 中学校での和装教育

    中学校での和装教育

  • 海外の方へのきもの体験

    海外の方へのきもの体験

  • 十二単の着装ショー

    十二単の着装ショー

  • 百人一首体験

    百人一首体験

2 物を大切にする精神を育て
実践します

きものは仕立直しができることから、親から子へ三代以上にわたり長く着用できる、世界一エコロジーな衣装だといわれています。
ハクビではきものコンテストやショーの開催を通じ、タンスに眠ったままになりがちな着物を着る機会を創出し、着物を楽しむ機会を作っていきます。
また、きもののメンテナンス、仕立直しを学ぶ和裁教育、ハギレとなってしまった着物を再活用した講座やワークショップを実施、夏には各地で打ち水イベントを実施し、日本の伝統的な省エネ対策を広めています。

  • コンテストやショーでのきもの

    コンテストやショーでのきもの

  • 和裁教育の実施

    和裁教育の実施

  • ハギレを利用したワークショップ

    ハギレを利用したワークショップ

  • 打ち水体験

    打ち水体験

3 日本文化の後継者を育てます

ハクビ総合学院では「ハクビ京都きもの学院」「ハクビ和紙ちぎり絵学院」「ハクビ和裁学院」「ハクビ京都くみひも学院」「ハクビ花嫁着付専門学院」「ハクビマナー専門学院」の6学院での教育を通じ、和文化の継承者を育成しています。
また、伝統文化や着物産業に関わる生産者・技術者を支援すべく、定期的な講座や産地研修、加工の実演を披露する機会を作り、伝統産業に関わる方々を応援しています。

  • きものの産地研修

    きものの産地研修

  • 能楽の講座

    能楽の講座

  • 着付師の育成

    着付師の育成

  • 指導者の育成

    指導者の育成

私たちは持続可能な開発目標
(SDGs)を支援しています。

  • ハクビ京都きもの学園
  • SDGs